看護短大と大学、どっちに進学すべき?

看護短大または看護系大学で看護師を目指す

看護短期大学と看護系大学について説明したいと思います。まず、看護短期大学は所定の単位を取って卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られます。看護短大に進学して看護師になるという人は全体的に見ても少なく、看護短大の数も多くはありません。

ごく一般的な短大は2年制となっていますが、看護短大は3年制です。例外もあり、准看護師免許を取得してる高卒者ならば看護大学に2年間在学して卒業することで看護師国家試験の受験資格を得られます。 看護系大学への編入もできます。

大まかな流れとしては、まず高校を卒業してから看護短大に進学・卒業し、看護師国家試験に合格すると看護師になれます看護短大のメリットは、他の学科も学べるので看護以外の知識を習得することができるという点です。

総合カリキュラムというものがあり、併設されている看護短大であれば卒業すると看護師・保健師・助産師の国家試験受験資格を得ることができます。入試は英語・数学・理科・国語の4科目か英語・国語が必須で数学・理科のいずれかを選択する3科目がポピュラーです。

4年制の看護系大学も同様に所定の単位を取って卒業することで看護師国家試験の受験資格を得られます。 近年では看護専門大学が増加しており、看護系大学を卒業した看護師が増える見込みです。

看護系大学も看護以外の知識と教養が身につくというメリットがあります。 さらに保健師・助産師を専攻履修して卒業することで看護師以外にもこれら2つの受験資格を得られます。 また、養護教論や教論免許の受験資格を得ることができる看護大学もあります。

1番の特徴としては高度な看護が学べるという点でしょう。病院によって異なりますが、4年制の大学を卒業した者でないと管理職に就けないということもあります。

入試科目は学校によって異なります。国公立はセンター試験~二次試験において理科・数学・外国語から2科目、私立は英語・理科・数学・小論文がポピュラーです。

↑ PAGE TOP