サービス残業がない所へ転職したい!

看護師の勤務時間と休憩時間について

正看護師(正看)であったり常勤看護師と呼ばれている看護師の勤務時間について書いていきたいと思います。勤務時間は病院によって異なりますが、だいたい実働8~9時間くらいの場合が多いです

病院によってはサービス残業があったり、定められた時間だけを働く場合もあります。1日あたり1~2時間残業しているという報告があり、しかもそれらの多くがサービス残業で、良くても半分くらいしか残業代が支給されないところもあるというのが現状です。

勤務時間にするとトータルで丸1日タダ働きしている人が大勢いるのです。もちろん医療機関によってはきちんと全額残業代を支給しているところもあります。患者の容態の急変や急患などで残業時間が延びる場合も珍しくありません。

人対人の仕事となるので仕方ない部分もありますし、診療科によって置かれる環境は様々です。こういった現状であるからこそ、ライフスタイルに合った勤務先を探さなくてはなりません。

残業があっても問題ない人であればいいのですが、子供が小さかったり、家庭の事情で残業が厳しい場合は定時に退勤できる医療機関を選ぶようにしましょう。休憩時間はどうなっているのかというと、日勤の場合はよほどのことがない限りはきっちり1時間とることができます。

夜勤は少ないスタッフで業務にあたることになるので、はっきりとした休憩時間が設けられていないのが現状です。中には3人くらいの看護師で50人の患者さんのお世話を任せる病院もあるくらいです。

ご飯は食べられるかもしれませんが、ナースコールが鳴ったり急変があれば食事を中断して業務にあたらなくてはいけません。もちろんその場合は仮眠もとれません。一通りの業務が終わって何事もなければ本を読んだり、ジュースを飲む時間をとることができます。

先ほども述べたように職場によって勤務時間が変動します。求人情報を見る際には正看護師と常勤看護師は同じ意味であることに注意してください。

↑ PAGE TOP