看護師の活躍の場はこんなにも多いのです!

看護師の勤務先について

多くの人は看護師=病院というイメージを持っていると思います。高齢化社会と言われている近年においては看護の需要が多様化しており、看護師が活躍できる場が多くなりました。今回は看護師の職場やその特徴について説明したいと思います。

1.病院
看護師の勤務先といえば真っ先に病院が思い浮かびますよね。通院患者だけでなく、入院患者のケアにあたることになります。医師の診察や医療行為の補助以外にも沢山の仕事があり、患者さんへの気配りや時には不安を和らげるといった心のケアもします。

24時間体制で患者さんのケアにあたることになり、療養のお世話や医師への報告などを担っています。入院できるような病院ではなく、診療所などの小規模なところでも多くの看護師が活躍しています。

2.保健所
地域住民の健康管理や病気予防をサポートする役割がある保健所も、看護師の勤務先の1つです。保健師と一緒に保健指導を行ったり、高齢者・妊婦・乳幼児のケアを担当しています。

3.介護施設
高齢化社会が進んでおり、介護施設でも看護師の需要が高まっています。介護保険施設や老人福祉施設などの介護施設では、健康管理を行ったり時には相談や助言をし、利用者が快適に過ごせるようにケアをしています。

介護施設ではケアマネージャー、ホームヘルパー、理化学療法士など専門分野に長けたスタッフが沢山活躍しており、連携をとって業務することが求められます。働く上でチームワークを大切にしなくてはなりません。

4.訪問看護
患者さんの自宅に直接行って、健康回復をサポートする仕事となります。この時は医師とペアになって、患者さんのご家族と一緒に身の回りの世話を行います。看護の方法をご家族に教えることも業務の1つです。

他には看護師の養成学校の講師など様々な場所で活躍しています。まだまだ看護師の需要は高まるでしょうし、病院以外にも選択肢の幅が広がっているので、新しい看護師のあり方について考えていかなくてはなりません。

↑ PAGE TOP